【SpeedTree】木の形状に沿ったツタ(蔦)やツルを作る方法!!!初心者にもわかりやすい使い方。

はじめに。

こんにちは。マサです!!前回からSpeedTreeを使って木を作るチュートリアルをいくつかまとめています(前回の記事:石や地面の形状に沿った木を作る方法)その中でも今回は蔦(ツタ)を作る事に焦点を当ててみました。それでは早速いってみましょう!!!

1.SpeedTreeでツタを作る

まずはspeedtreeのmeshウインドウの+ボタンを押して衝突判定用の木のobjを読み込みます。これはSpeedTreeで作ったものでも、他のソフトウェアで作ったものでも構いません。するとポップアップが現れるので今回はAdd it to the sceneを選びましょう。

木が読み込まれました。SpeedTreeはデフォルトがZupなので読み込んだGeoの向きがおかしい場合はYupに変更します。

ここで早速編集開始といきたいのですが、カメラのnear clipが働いているためか場合によっては読み込んだGeoがきちんと表示されません。こんな時は画面上部にあるZoomボタンを押すとその問題が修正され、正しく表示される様になります。

Geoが適切に表示されない時
Zoomボタンで解消

この木のモデルはツタをはわせるための干渉用のGeoなのでMeshセクションにあるForce actionAttractに、Collide actionObstructに設定します。

それでは次に地面となるobjを読み込みます。今回はMayaでシンプルな円の平面を作りました。
今回はGrow things off of itを選びます。すると自動的にZoneノードが出来上がりました。MeshesのGeometryの部分に読み込んだGroundGeoが設定されています。

zoneノードの次にツルとなるtrunkノードを作成します。
サイズと長さを調整してNumberの値を上げてツルの数を増やします。地面からツルが生えてこの様な状態になりました。
次にツタ(Trunk)のforcesから衝突判定用の木にチェックを入れて機能をオンにします。するとツタが木に沿って変形しました。

 

巻きつく強さの調整は衝突判定用の木のForceにあるStrengthの値で調整する事ができます。これでツタができましたね!!!

2.ツタの作成上級編

ここまではツタを作成する基礎の内容を紹介の紹介でした。そして今回これらのTipsを応用して更にハイクオリティなツタを作るチュートリアル記事を上級編としてまとめてみました。僕自身も海外のVFXスタジオで日々スキルを磨きながら記事を書いて共有しています!!数百円で読めますのでご興味のある方は是非読んでみて下さいね!!僕自身も映画のCG制作をする時に使っている実践的な内容です。

ツタの作成上級編に含まれる内容

垂れ下がるツタの作成

地面のモデルが広い際に好きな場所からツタや木を生やす方法

ツタや木が生える領域を自分の好みの部分に制御できます

ツタの形状を凹凸のあるリアルな形状にする方法

デフォルトのまっすぐなツタの形状を凹凸のあるリアルな形状に調整できます

これら3つの上級編チュートリアルは以下のリンク(画像クリックでもOKです)から見る事ができます。丁寧にまとめたのですごく役に立つと思います!!ご興味のある方は是非チェックしてみて下さい。

SpeedTreeチュートリアル上級編/垂れ下がったツタを作る

【お知らせ】
有難い事にこのサイトを見てくださる方が増えて来たので最近(12月中旬より)ツイッターを始めました。リアルタイムな情報や個人的なデモリールの投稿など色々と発信していきたいと思いますので、是非フォローしていただけると嬉しいです。ブログを運営するにあたり、みなさんの支えが一番のモチベーションになるのでよろしくお願います!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です